2019年8月に権利確定したコメダ珈琲の株主優待が届きました!
8月の下げ相場では2,000円を切るくらい下落していましたが、現在株価は回復して上昇中です!

その昔、マクドナルドに行っていたような感覚でコメダ珈琲を利用しつつあります。地方郊外で夜遅くまで営業しており、なんとなくフラッと寄ってしまいます。

優待品と一緒に株主向けのチラシが入っておりました。その内容を読みながらレポートします。

優待品はKOMECAカード

優待のKOMECA(プリペイド)カードが届きました。12月1日に電子マネー1,000円が自動でチャージされる予定です。

1,000円だと珈琲2杯分くらいです。

財布の中にカードがあると、またついついコメダに寄ってしまいます。
コメダの戦略でしょうね。

金シャチ会員登録でポイントが3倍

KOMECAにクレジットカードから入金すれば、ポイントの2重取りができます。さらに、金シャチ会員になるとポイントが3倍つきます。

コメダのヘビーユーザーなら、今すぐ金シャチ会員にならねば!

配当利回り

200株の保有で配当金は5,000円です。(1株25円)
特定口座で保有のため、税引後3,985円を受取ました。

100株の保有で、
電子マネー1,000円、配当金2,500円

現在の株価が2,116円(2019年11月26日現在)なので、

3500÷2116=1.65…

優待を含めた配当利回りは1.6%くらいです!

コメダには隠れ優待があり、株主総会の議決権を行使すると500円電子マネーがチャージされるそうです。

売上は右肩上がり

売上は、店舗数が拡大しているので右肩上がりのようです。
コーヒーカップのグラフが可愛い。

全国47都道府県出店を達成

2019年6月に全国制覇したそうです。地方の喫茶店がヒイヒイ言っている姿が思い浮かばれます。チェーン店にはかなわないです。

海外は中国上海と台湾に合わせて6店舗出店しています。
来年はタイとミャンマーに出店するそうです。スゴイ!

1,400店舗まで拡大予定

田舎の国道から外れた、こんなところに?という場所にもコメダが出店しております。夜はあまり人が入っておらず大丈夫なのかな?と心配になります。

しかし、コメダの店舗は98%がフランチャイズ店です。
コメダ本部は席数に応じた定額のロイヤルティを各店舗から得ているため、店の売上が悪かろうが関係ないといったところでしょうか…。

国内の個人株主保有率が高い

グラフを見ると、個人投資家にとても人気があります。
19,073,031÷46,033,200=0.41…

国内の個人投資家の株主保有率は40%以上です。株価もそれほど変動がなく安定した人気を保持しているようです。

くつろぎの店舗を狙う

社長は、「くつろぎ」を重視しているとメッセージしています。
コメダには日本ならではの「おもてなし」が感じられます。
・ホットタオルのおしぼり
・氷の入った水
・水のおかわり
・豆菓子

接客にも力を入れているのが、よくわかります。どこのお店も店員さんが優しいです。可愛い女性が多いので、ついついオッサンのようにフラフラ~ッとお店に寄ってしまいます。あ~悲しい独身生活。

人材の確保も重視

ミャンマーで人材の養成も行っているそうです。
安くて若い人材を確保する時代が加速していく…。

賃金は下がる一方です。日本の格差社会は益々広がりそうです。

まとめ

図書館へ行った帰りに、夜遅く22時くらいまでコメダ店内に流れるJAZZを聴きながら借りた本を読むのに至福の時を感じます。すっかりコメダにハマっています。