2019年9月に権利確定したANAの優待券が届きました。ANAの優待券は年に2回届きます。仕事をしていると半年があっという間です。
さて飛行機が半額で乗れる!と憧れのANAの優待券を実際手にしてみたものの、ほとんど使う機会がありません。

8月に家族で東京に行ったときは、楽天トラベルでホテル付のANAパックを予約しました。優待券を使わなくても安く飛行機に乗れました。

長期休暇は安いアジア便で海外に行くほうが多いので、国内のANAを利用する機会がほとんどないことに気づきました。

そこで、地元の金券ショップで優待券を売却しました。
売るのに少し罪悪感を感じましたが、有効期限が切れるまえに優待券を使わなければ!という無理やりな旅行計画から解放されてスッキリしました!

ANAの優待について思うこともレポートします。

有効期限が長いほど高額で買取

有効期限が長く余っているほど高く買い取ってくれます。
前回届いた有効期限が2020年5月31日までの優待券は3,200円
今回届いた有効期限が2020年11月30日までの優待券は4,200円
合計7,400円で買い取ってもらいました。(11月15日に売却)

手にした現金は、車のガソリン給油や外食代に速攻消えました(笑)

グループ優待券はオマケ

ANA搭乗割引の株主優待券とは別に、ANAグループで使える割引優待券の冊子が届きます。

過去3回もらいましたが、1度も使ったことはありません。
ANAグループのホテルやレストラン、埼玉や北海道のゴルフプレー割引など自分には縁のないものばかりでした…

ANAグッズやツアーの割引もあります。ANAが好きなファンならグッズの割引は嬉しいかもしれません。私の場合は、いつも欲しいなあと眺めているだけです。(笑)

グループ優待券は、チラシ的な役割なのかな。
割引も少額なのでオマケ優待みたいな感じです。

優待割引券で東京バナナが買いたい

唯一、グループ優待券で使えそうなのは空港のANAショップ(お土産店)で使える割引券です。8月の東京旅行の際、羽田空港でお土産を買うために優待券を握りしめて行きました。しかし羽田空港が広くてなかなかANAショップが見当たりませんでした。

ようやく見つけたANAショップではお目当ての「東京バナナ」が売っていなかったので、結局別の店舗でお土産を買いました…。田舎モンにとって、東京のお土産と言ったら「東京バナナ」なのです!

両親は東京バナナが大好きなので、色んな味の東京バナナを買いあさってました。優待券の恩恵を受けられず残念!

↓ANAのお土産コーナーで使える優待券(東京バナナ優待券にして欲しい)

株主限定のツアーが魅力的

株主優待券と一緒に、株主限定ツアー案内のチラシが入っていました。
さすが航空会社!プランの内容が魅力的過ぎます。
きっと食事も最高のレストランに連れて行ってくれるんだろうな。

ななつ星in九州、鉄道の旅はとても魅力的です!
ゆとりのある老後が暮らせるなら、贅沢な陸路の旅に行ってみたいです。
チラシを見て妄想します。

昨年、2018年11月に優待案内が来たときは、ウミガメがモチーフのフライングホヌへの優先搭乗案内が入っていました。
優待価格とは言えANAの搭乗券は高くて興味がなかったのですが、2019年5月就航時に、とても盛り上がっていたので搭乗した方がうらやましかったです!

↓オレンジ色の3号機はとても可愛い

まとめ

今回は、有効期限が異なる2枚の優待券を売却したのですが、1枚4,200円で計算すると、

年2回優待券売却金8,400円、NISAで非課税配当金7,500円を合わせて
合計15,900円の現金が受取れます。

現在の株価が約3,700円(2019年11月22日現在)として、

15900÷3700=4.29…

優待を含めた配当利回りは4%超えしております!

私は4,120円で購入したので含み損拡大中ですが、利回りは良いほうなので引き続き保有しておきたいと思います。

マイルが貯まって余裕があれば、いつかANAの国際便に乗ってみたいです。それが今の憧れです…