2016年4月にオープンしたイオン今治新都市店のイオンラウンジとイオンシネマで、イオンの株主優待カード(オーナーズカード)を利用しました。
平日で人が少なく、快適にサービスを利用できました。田舎のイオンならでは、です!

今治さいさいきて屋で腹ごしらえ

イオン今治新都市に行く前に必ず立ち寄る所があります。今治市と言えば、さいさいきて屋という農家野菜の直売所が有名です。

敷地内に併設された彩菜食堂(さいさい食堂)は、採れたての新鮮な野菜や農産物を使った食材が味わえます。

土日はもちろん、平日もサラリーマンでにぎわっています。

ほうれん草の和え物120円、タコ飯(中盛)280円、玉ねぎたっぷりのみそ汁100円、マヨ玉コロッケ130円、鶏ムネ肉の唐揚げレモン添え150円5品で780円(税込)です。
どれも新鮮で美味しいです!コロッケはおばちゃんが揚げたてと交換してくれました!優しい~みそ汁の玉ねぎは甘く、めちゃくちゃ美味しくて栄養満点!
付け合わせの野菜も新鮮です!

イオン今治新都市店へ行く

彩菜食堂で腹ごしらえした後、イオン今治新都市店へ行きます。
イオン今治新都市内にも越智今治農場協同組合のショップが併設されています。
地元の農家と提携し、「食」に力を入れている感じがします。

 

イオン今治新都市店に来たときは、イオン内のフードコートへ行かず、併設された地産地消の食材を扱うレストランへ行きます。

越智今治農場協同組合のショップ1階のカフェ、SAI&COでケーキを食べました~美味しかった~!

 

イオンラウンジを利用する

おやつは、トップバリューのチョコ入りのマシュマロとドーナツでした。
カウンターでガラスの器に入ったものを配布されました。

飲み物は冷蔵庫に野菜ジュースがあったので、自分でコップに注ぎます。

14時くらいに行ったときは空いていました。
席数は50席くらいあります。
窓に向かっておひとり様用の席が10席くらいあります。
窓は擦りガラスだったのでハッキリとした外の景色は見えませんでした。

席について30分くらい経つと、だんだん人が増えてきました。
中高年の3~4人のグループが談笑し始めました。
静かにくつろぐスペースというよりは、地元の喫茶店みたいな雰囲気になっていました。

おひとり様は少なかったです。どちらかといえば、モール内のスタバやサンマルクカフェの方がゆっくりできます。

野菜ジュースのほかに、ホットコーヒーも無料で飲めたので満足です。

イオンシネマを利用する

アカデミーを受賞したグリーンブックを鑑賞しました。
もちろん一人で…笑

券売機でチケットを買う

1.券売機の画面にオーナーズカードと表示されるので押します。
2.券売機にカードを差し込むよう指示があります。
3.優待価格1,000円で画面表示されます。
4.見たい映画、大人または子供、枚数を選択します。
5.席を指定します。
6.支払いはWAONカードが使えます。
7.チケット、ドリンク(ポップコーン)引換券、領収書が3枚発行されます。

とても簡単に発券できました。

ポップコーンを引換にし、ドリンクはレギュラー320円で購入しました。
Sサイズでも大きい!

映画を鑑賞する

こじんまりとしたスクリーンです。
映画が始まる前の、席の様子です。一番後ろの席の真ん中を指定しました。
このあと、もう一人オジサンが真ん中の端の方に座りました。まさかの2人だけでした。ほぼ貸し切り状態でした。

映画の感想は、まあまあでした。アカデミー賞作品だったので期待し過ぎていました。

ざっくりとあらすじをまとめます。
グリーンブックとは、黒人が宿泊することができるホテルをリストアップした冊子のことです。天才黒人ピアニストが演奏先のアメリカ南部でさまざまな人種差別を受けます。守護とドライバーとして雇われたのがイタリア系の白人です。人種差別を乗り越えながら2人の友情が芽生えるというストーリーです。

アメリカではトランプ大統領によって、人種差別が再燃している?ような状況なのでウケたのかな…なんて思いました。

映画館はアットホームで貸切状態で最高でした。椅子はフカフカで、足元が広く快適でした。また一人で楽しみに行きたいと思います。