今年もあっと言う間に半年が経ち、2020年が近づいて参りました。
2020年という西暦!子供の頃は、ドラえもんのような世界になっていると思っていました。どこでもドアやタイムマシンのような四次元の世界には程遠いですが、人間がロボットに支配される社会はあり得る気がします。

現在製造業に携わっているのですが、会社がロボット設備を積極的に投入し、省人化が加速しています。サクサク動く機械を見ていると、人間の無能さを思い知らされます。サボったりケンカしたり、ケガしたりメンヘラだったり…足を引っ張る人間(ババア)なんていらないよとロボットに言われる日が来そうです。(笑)

余談になりました。

2019年3月に権利確定したANA株ですが、継続して2019年9月に権利確定した場合、株主優待カレンダーを壁掛け型に変更できるようです。変更の締め切り日が7月31日と迫っておりました。壁掛けカレンダーがどんなものか実際手に取って見てみたいので変更しました。

2020年ANAカレンダー壁掛け型が届いた

2019年の卓上カレンダー

2019年の卓上カレンダーです。しっかりとした紙質で、写真も豪華です。スケジュールは手帳に書き込むのでカレンダーとしては、あまり使用していません。

日付部分はシンプルです。スケジュールメインで使用するならANAのロゴだけ眺めることになります。

バラして並べてみました。12か月分の写真です。
羽田空港と成田空港で撮影した写真が多いです。

飛行機の写真を見ると、旅行に行きたくなります。
ANAの飛行機はカッコいいです。

好きな写真2枚です。
5月の羽田空港の機体工場の写真と、8月の那覇で撮影された写真です。
沖縄の海は本当に綺麗です。

ANA株主専用サイトへログインする

壁掛け型カレンダーへ変更

来年は、壁掛けカレンダーで写真を楽しみたいので変更することにしました。
ANAの株主専用サイトからカレンダー変更ページへ移動します。

壁掛け型を選択して完了です。

ネットから、壁掛け型カレンダーのサンプルを見ることができました。
大きさは75.5㎝×39㎝なので結構大きそうです。

7月はウミガメの写真です。
卓上カレンダーの写真はすべて国内でしたが、壁掛け型だと海外の風景なのでしょうか。届くのが楽しみです。

工場見学を申し込むことができる

壁掛け型カレンダーへ変更するにあたって、初めて株主専用サイトにログインしたのですが、機体工場見学ができるページを発見しました。
機体整備の様子が見学できるようです。

機体にあまり興味はありませんが、飛行場で働いている人やANAの会社内部に興味があります。どんな仕事をしているのか見てみたいです。美人な客室乗務員の方が案内してくれるのでしょうか。
見学は90分です。とても面白そうです。

夏から秋にかけて募集しています。株主1人につき同伴者4名までOKだそうです。子供ならきっと喜ぶだろうなあ。

8月にANAで両親と東京観光に行く予定です。カレンダーのようにカッコいい飛行機の写真を撮りたいと思います。