日銀は、4月21日に日経平均下落率−2.03%で通常ETF701億円買入れを最後に積極的なETF買いを行わなくなりました。GW明け後、楽観ムードだった日経平均が、5月11日火曜日に−3.08%、5月13日木曜日に−2.49%大幅下落しました( ゚Д゚)しかし日銀のETF買入れはありませんでした。とうとう日本市場の下落が始まったと思い恐怖で震えました( ;∀;)売りで売買しやすい相場になってきたようです(@_@)

市場の動き

日経平均は5月31日終値、NYダウは5月28日終値(31日休場)、ハンセン市場は5月31日途中値です。NYダウは安定の右肩上がり、米国債10年利回り安定、日経平均は下落傾向のような…、ハンセンは上昇!

長期投資は米国市場一択だ!とリアルに感じています(@_@)日本の投資家さん達が米国投資を増加していくと益々盤石になりますね(@_@)

2021年5月の実現損益

●日本株の実現損益合計+29,832円です。

大きく利益がのっていた海運株を5月第二金曜日のマイナーSQで日本市場が大幅下落したため、薄利で手放してしまいました( ;∀;)継続保有していれば10万円以上利益が獲得できたのに…チキショー!アルケゴスでヤラれた某ファンドが利益を取り戻すため血眼で日本市場を下落に突き落としたと自分は勝手に思い込んでいます。

2021年5月の配当金

●配当金合計31,257円です。
日本株:9,500円
中国株:10,771円
米国株:100.79ドル(10,986円)※1ドル≒109円

アサヒHDは前期比5円増の90円に増配されました。配当性向は40%が目処ということなので今後の増益に期待です。

初めて中国株(ハンセン)のチャイナモバイルから2020年度期末配当金を受け取りました。2021年度中間配当金は9月に入金される予定です。5月17日、チャイナモバイルが上海市場人民元建てA株発行計画を発表しました。上海A株は中国本土のみ国内投資家向け株式です。これがハンセン株価にどのように影響するか今後注目です(@_@)

2021年5月に届いた株主優待品

・ANAの株主優待券
・ビックカメラお買物券
・資生堂ツバキシャンプー
以上3点頂きました(#^^#)アフターコロナに向けて外食優待株も今年が絶好の仕込み場になるかもしれません。すかいらーく買うか迷うなあ。

現在のポートフォリオ

↓●日本株

日本株は5月31日終値です。先週金曜の5月28日に日経平均+600円からの、31日は−289円下げでした。海運株を手放して日本製鉄に乗り換えたら激しく下落し含み損拡大中ですwwwさらにルネサスの増資発表で株式希薄化懸念で含み損拡大中ですwww 時期決算で上昇しなかったら損切りだ!東南アジアでコロナ感染が再拡大しているせいか、パンパシ株がとうとう年初来安値を割り込んでしまいました。巣ごもり需要で好調だったスーパー銘柄(イオン、神戸物産、大黒天物産、関西スーパー、ハローズなど)が下落傾向です。デリバリーやドライブスルーを扱う外食銘柄が堅調です。スシローとマクドナルドは特にコロナに強かったなあ。

↓●米国株

米国株は5月31日が休場のため、28日の終値です。半導体銘柄インテルを22株、通信銘柄AT&Tを10株買いました。どちらも大型銘柄で下落したときが買いだと判断しました。

AT&Tが大手メディアディスカバリーを統合し、通信ストリーミングチャネル増やしてディズニー+やネットフリックスなど動画配信サービスと競合していくと発表がありました。さらに配当を削減すると発表した後、株価が約10%下落しました。現在配当利回り7%が4%ほどになる見込と報道されています。現在AT&T傘下の通信ストリーミング事業HBOマックスでは、モバイル専用プランでネットフリックスやディズニー+より安価な「月額使用料3ドル」で提供しているそうです。安い( ゚Д゚)
HBOマックスとメディアディスカバリーが統合して、AT&Tのモバイル事業とストリーミング事業の売上拡大となるか要注目です(@_@)

銀行株のバンクオブノバスコシア、キーコープ、シティがかなり上昇してきました。中国ADR銘柄も回復してきました。

↓●中国株と投資信託

チャイナモバイルは5月3日の期末配当権利落ち日以降下落したままです。5月31日中国では少子化を抑制するために2人から3人へ産児制限を緩和すると発表がありました。少子高齢化が経済成長の鈍化を招く怖れがあると政府が判断しました。中国グローバル企業の拡大を米国が阻害、国内経済も鈍化となると中国株が右肩上がりとはいかなさそうだ。

↓●ビットコイン

5月に楽天ポイントを+1,172pt追加しましたが、評価額は先月比-42円となりました( ;∀;)
3,835pt→2,570円(損益−1,265円)

↓楽天ウォレット残高(スクリーンショットを1日またいでしまった)

イーロンマスクがビットコインについて批判的なTwitterを流すと下落、さらに中国政府が暗号資産の取締りを強化すると発表し暴落となりました。ボラティリティが大きくて怖いので引き続き現金では購入せず楽天ポイントで買付していく予定です。

まとめ

現在の評価額、運用益状況です。(投資開始2018年~)
日本株:2,652,050円
米国株:3,561,767円
中国株:342,188円
投資信託:3,837円
ビットコイン:2,570円
運用益、約70.1万円(実現損益45.9万円、配当24.2万円)
※1ドル≒109円で計算

運用益70.1万円+ビットコイン-1,265円+含み益123.7万円=現在利益+193.6万円
(先月より運用益が+60,000円増加、含み益が+22,000円増加、現在利益は先月より約8万円増加)

バイデン&コロナバブルが終わる前に個別銘柄を整理して、積立投資に切り替えたいと考えています。アフターコロナは有給休暇を使い現実逃避旅がしたいです(@_@)