2021年3月は月末に日本株の株式優待もしくは配当権利落ち日を控えていたため、市場が盛り上がるだろうと楽観ムードでした。が、しかし米国ファンドの「アルケゴス」が空売りの追証で資金が回らず取引先の大手金融機関が株を投げ売りし一時的なパニック相場となりました( ゚Д゚)自分が保有しているお気に入り中国ADR銘柄が大幅に下落しショックです( ;∀;)さらに最近、欧米の中国経済に対する圧力強化も感じられ、中国株が翻弄されているようにも見えます( ゚Д゚)

米国債の10年利回りも先月から上昇しておりグロース株が売られる相場が続きました。

市場の動き

日経平均は4/1の終値、NYダウ、ハンセン市場は4/1の終値(4/2休場)です。ハンセン市場荒れ過ぎ(@_@)
現在ダウ構成銘柄数が30、日経平均構成銘柄数が225、ハンセン指数構成銘柄数が55です。ハンセン指数は2022年までに構成銘柄数を80まで増やすそうです。これに伴って指数も上昇するのでしょうか(@_@)なんだかんだダウ構成銘柄を買い増し続けるのが安心だな。

↓ハンセンテック指数ETF(03032)

アリババ、テンセント、美団、シャオミ、SMICなど中国ハイテク企業で構成するハンセンテック指数ETFが2月後半から、約30%暴落しています。全人代後に中国当局が政策引締め発表、米中関係の緊張、中国ハイテク株の割高感ムードなど諸々の理由で下落したそうな。アルケゴスはこの暴落にヤラレタのか!”(-“”-)”

しかし4月に入り回復の兆しが見えます。そろそろ買い場到来?( ゚Д゚)残念ながら日本のネット証券ではハンセンテック指数ETFを取り扱っておりませんでした。ハンセン市場への投資ハードルはやっぱり高いな!

2021年3月の実現損益

●日本株の実現損益合計+15,900円です。
ポーラオルビスの含み損が解消されたところで売却しタネ銭を増やしました。5月決算後の優良株下落を狙います。

2021年3月の配当金

●配当金合計24,102円です。
日本株:9,526円
米国株:132.51ドル(14,576円)※1ドル≒110円

ブラジルの鉱石業銘柄ヴァーレの配当が増額となり非常に良きです。

イギリス石油関連銘柄のBPから初めての配当金が入金されました。配当金から1株につきADR手数料0.005ドル(100株で合計0.5ドル)差引後、さらに特定口座で保有のため20.315%(681円)日本国内源泉徴収されています。ADR手数料が約1.5%、国内源泉徴収が20.315%で合計21.815%引かれた計算になります。ADR銘柄は差引額が少ないのでお得に感じます。

2021年3月に届いた優待案内

12月末に権利確定した銘柄から株主優待案内が届きました。すべて100株保有です。早速、優待品の申込をさせて頂きました。楽しみです(*^^*)
・資生堂→ツバキシャンプー
・JT日本たばこ産業→お米パックとカップラーメン
・ポーラオルビス→オルビス日焼け止めクリーム

現在のポートフォリオ

↓●日本株

4月2日の終値です。月を少しまたいでしまいました( ;∀;)
ポーラオルビスを売却し、先月の資生堂に続き化粧品株を手放しました。優待は魅力的ですが株価の伸びが長期的には難しいと判断しました。好きなブランドだったので寂しいです。アサヒHDは株式分割が行われ100株→200株となりました。自分は小心者なので日本株なら1株1000円~2000円台、米国株なら1株20ドル~40ドル台をいつも狙ってしまいます。分割後に個人投資家の買いが増えることに期待します。

↓●米国株

アルケゴスの影響で、中国ADR銘柄のビリビリ、ニウ、キングソフトクラウド、アップフィンテックの株価が最高値より約10%下落した日がありました。最高に盛り上がっていた昨年の11月、12月が売り時だったのだろうか…(+_+)3月の決算では、売上が前年の約2倍と好調な数字を叩き出しているため中国株は魅力的です(@_@)しかし買い増しする勇気はなかったですww。アップルが下落したところで10株買増しをしました。

安全な米国バリュー株を買い増しするほうが値下がりリスクが少ないためバブル後も安心して保有できると認識させられました<m(__)m>銀行株を買っていたのは、ただ運が良かったww。

↓●中国株と投資信託

チャイナモバイルの期末配当金は昨年の1.723HKドル→1.76HKドルへ増額となりました(*^^*)

↓●ビットコイン
1,831pt→1,936円(+105円)

バフェット太郎さんのYouTubeを見てビットコインが気になっていましたが、なかなか現金で買う勇気がありませんでした。最近、楽天証券のHPで楽天ポイントでビットコインに投資ができることを知り早速、楽天ウォレットに登録しました。ポイント投資なら増減しても楽しめます(*^^*)

まとめ

現在の評価額、運用益状況です。(投資開始2018年~)
日本株:2,098,950円
米国株:3,285,436円
中国株:363,220円
投資信託:3,666円
ビットコイン:1,936円
運用益、約60.7万円(実現損益40万円、配当20.7万円)
※1ドル≒110円で計算

運用益60.7万円+ビットコイン105円+含み益115.9万円=現在利益+176万円
(先月より運用益が+38,000円増加、含み益が+282,352円増加、現在利益は先月より約32万円増加)

ドル円が110円台となりましたので円換算すると、先月106円台の時よりおおよそ3万円ほど多くなる計算になります。

日本株は3月の権利落ち後に保有株が下落して含み益が10万円くらい減少してしまいました(+_+)好調だった商社、金融株から半導体株へのローテーションがまた始まりました( ゚Д゚)これからの銘柄ごとの動きをチェックしておきたいです。