2021年1月20日、バイデン政権誕生でダウ平均株価は最高値を更新しました!(^^)!保有株の含み益もどんどん膨らみ、「イケイケどんどん」状態だったのが一変…1月最終日に大幅に下落し、バブルの崩壊が懸念されています( ゚Д゚)

さらに、1月は米国投資アプリ利用者ロビンフッターがペニーストック(低位株、ボロ株)を大量に買い、ファンドの空売りを大量に焼くなど米国市場が暴走しております( ゚Д゚)

バブル相場では、ボロ株が大当たりする可能性があるのか…。と新たに勉強となりました。

↓1月29日金曜日の上昇率順位
1位:ゲームストップ(ゲーム小売店)
2位:ノババックス(変異種に有効性大なワクチン発表)
3位:AMC(映画館チェーン)
気になるのはひと際目立つボロ株の「香港チャイナガス」!!現在株価は1.5ドルです(@_@)

1月になって中国株の投資を始めました。米国、日本市場以外にハンセン市場もチェックしているため、忙しくなりました( ゚Д゚)ズボラには向いてなかったか…。

市場の動き

現在下落しているのは、バブルの崩壊なのか?調整なのか?まだわかりません。1年チャートを見ると決算前の売りに見えます。マイクロソフトとアップルは好決算でしたが市場全体の下落で伸びませんでした。2月2日はAmazon、アリババ、ファイザー、後半はグーグルアルファベットの決算に要注目です(@_@)アリババが逆転高したら中国株が盛り上がりそうです(@_@)

↓2021年1月29日ダウ平均終値29,982.62ドル

↓2021年1月29日日経平均終値27,820円
赤マルは決算前の下落です。

↓2021年1月29日ハンセン指数終値28,283.71円
ハンセン市場は特に直近で激しく下落しています。よりによって高値圏1月に中国株に手を出してしまった、、、。

2021年1月の実現損益

●日本株:25,013円
シャンプー優待のコタを売却してしまいました。優待がもらえなくなるのは残念ですが、国内美容院専売なので株価がそろそろ天井かな~と判断しました。

2021年1月の配当金

●米国株:9.55ドル(933円)※1ドル≒104円
カナダ銀行のバンクオブノバスコシアから配当金の入金がありました。

現在のポートフォリオ

↓●日本株

米国株と中国株の強さに魅了されて日本株や株主優待への興味が薄れつつあります。三井物産は含み益が出たところで一旦利確しておくべきでした。配当の誘惑に負けてしまいました。

↓●米国株

・景気敏感株で鉱石株のリオティントとヴァーレが下がってきました。
・ベライゾンは競争激化で月額契約者数が予想未達、AT&Tは月額契約者数が伸びたものの収益とEPS(1株あたりの利益)が前年よりも減少しているため下落しました。通信株はどの国も株価が低迷しています。
・ONEOKとデュークエナジーのようなエネルギー株は好調です。
・中国ADR銘柄ビリビリとニウが好調なので、調子にのってキングソフトクラウドを高値で買ってしまいました(;´Д`)中国のクラウド事業に賭けてます。

↓●中国株と投資信託

・チャイナモバイルの株価はほとんど動きません。2月の下落相場で持ちこたえられたら安心して保有できそうです。
・シャオミは意外に底堅く、トランプ砲後は29~30HKドル台をキープしています。下落後に中国本土のファンドと欧州勢からの買いがあったようです。25HKドルまで下落したら押し目買いを視野に入れています。株は美人投票ですので、この銘柄は人気に支えられていると見た!

まとめ

現在の評価額、運用益状況です。(投資開始2018年~)
日本株:2,830,100円
米国株:2,534,052円
中国株:398,115円
投資信託:3,276円
運用益、約59万円(実現損益42.3万円、配当16.8万円)
※1ドル≒104円で計算

運用益59万円+含み益37万円=現在利益+96万円
(先月より含み益が+136.605円増加、現在利益は先月より約18万円増加)

1月28.29日の大幅下落で含み益が15万円くらい減少しました(;´Д`)米国株と中国株は売買手数料が高いので長期保有し、円安になるまで粘りたいです。