このブログの更新もとうとう月に1回の更新頻度となってしまいました(笑)。グータラの自分は、継続することが苦手です(;´Д`)しかし株価や値動きだけは毎日スマホでチェックしています。

2020年9月の1番の衝撃は、日本電信電話(NTT)が、NTTドコモ株をTOB(株式公開買付)し完全子会社化すると発表したことです。この発表で、低迷していたNTTドコモの株価が一気に1000円ハネ上がりました(*_*)1000円といったら100株で10万円ですね( ゚Д゚)こういう運に自分の保有株が当たって欲しいと思います…(@_@)

順調だった米国株投資は、含み損が拡大しています(@_@)経済優先のトランプが、コロナ感染したことで大統領再選の危機となり米国市場が不安定になりました。一体いつになったらコロナは収まるのだろうか…(*_*)

↓2020年10月2日終値の日経平均株価23029.90円
リモートワーク、巣ごもりに強みのある銘柄は業績を伸ばし、インバウンド、産業銘柄は業績が悪化しています。コロナ終息後は逆転するのでしょうか?

↓2020年10月2日NYダウ平均終値27682.81円
2020年3月から世界中の人々が引きこもり生活を送っていると考えれば、巣ごもり事業の拡大は計り知れません!

2020年9月の実現損益

9月の実現損益は0です。全く売買しませんでした。バフェットにつられて9月に買った商社株が思ったほど伸びず、中間配当権利落ちで含み損抱えとなりました”(-“”-)”

9月は中間決算の企業が多く、中間配当狙いで株価が高騰している時期なんだとスッカリ忘れていました( ゚Д゚)
さらに月末は証券用語で「ドレッシング買い」または「お化粧買い」の現象が見られ株高の傾向にあるようです。機関投資家やファンドが保有銘柄の運用成績を良く見せるために決算期末(3月、6月、9月、12月)に買いを入れるため一時的に株価が上昇しやすいと言われています。

9月に株を買ってはダメだ…バカバカバカ…。
7、8月に仕込んで9月に売り!
頭に叩き込まなければ!

2020年9月の配当金・株主優待

↓9月の配当金は合計15,939円です。
日本株:12,919円、米国株:28.77ドル(3,020円)、1ドル≒105円で計算

イギリスADR銘柄、金鉱株のリオティントは高配当であり、株価の伸びも良いです(*^^*)

コロナ禍でイギリスADR銘柄を衝動買いする

↓2020年のトータル配当金は合計69,355円です。
日本株:57,952円、米国株:108.6ドル(11,403円)、1ドル≒105円で計算

↓特定口座の配当金10,428円は、損益通算されて還付予定です。

譲渡損失は3年間繰越できますので、特定口座でも配当金の税金を取り戻せます。今年は日産自動車で損失を出しています。含み損を抱えた銘柄は損益通算に利用する予定です<m(__)m>

現在のポートフォリオ

配当をもらっても含み損拡大で元本割れしたのでは、株式投資のモチベが下がる一方です。むやみやたらにニュースや高配当株に飛びつくとこうなります<m(__)m>資金のある方はナンピン買いしているのでしょうか…。下落している銘柄を買い増しするのって勇気が要りますね。オリックス買増ししても大丈夫なのかな?

↓米国株も、コロナ禍底MAXの2020年3月に買った銘柄以外はほとんど含み損入り…。ONEOK(ワンオーク)、ボーダフォンはどんどん下がってます( ;∀;)業績をよく確認せずに高配当銘柄に飛びつくのは、悪い癖です<m(__)m>

米国ETFかS&P500インデックスの積立投資を始めなければと思いつつ9月が終わってしまいました。個別株の方が、銘柄ごとの動きがわかって面白いです。1株だけでもネットフリックスが欲しいです(≧▽≦)新興国への販路拡大で伸びそうな気がします(^^)/

まとめ

現在の評価額、運用益状況です。(投資開始2018年~)
日本株、約328万円
米国株、約129万円
投資信託、2900円
運用益、約52万円(実現損益39万円、配当13万円)

運用益52万円-含み損31万円=実益+21万円
(実益は先月より8万円減少)( ;∀;)

配当狙いの長期投資をするなら、株価が大きく下落したところで狙うか配当落ちしたところで狙わないとダメですね。ニュースに飛びついてすぐさま買いを入れると含み損を増やしてしまい、元本割れしてしまいました<m(__)m>

個別株は難しいのかな?、10月こそは積立投資を開始しなければと思っています…((+_+))