トランプ大統領の中国に対する追加関税発言で株式市場が大きく下落し、それからしばらく経っても株価が上がらない枯れ相場となりました。
8月14日には、ダウ平均株価が前日比で800ドルを超える下げとなり、同時に円高株安が進行しました。
このまま景気後退か…と思いましたが、日経平均株価はかろうじて20,000円台をキープしております。

また、景気後退のサイン「逆イールドが発生」しました。逆イールドとは何ぞや??と思いニュースを調べたりして勉強になりました。
逆イールドが発生してから約2年後に景気が後退する事例があるため、今後も慎重に取引しなければ!と思っております。

2019年8月の実現損益

8月に売却益を得たのは、コメダのみでした。
8月が権利確定日だったにも関わらず、思ったより株価が上がらなかったです。
人気株なのでもっと上がると思ってました。チキショー!
ちなみに現在もコメダを200株保有し、完全に売るタイミングを逃しました。
権利落ち後にダダ下がり中です…

2019年7月の配当金・株主優待

7月の配当金と株主優待はありませんでした。

配当金

なし

株主優待

なし

現在のポートフォリオ

お恥ずかしながら現在のポートフォリオです。含み損を拡大中です。
損切しなければと思っていても、出来ないんだよな~(笑)
日経平均が22,000円になるまで粘っています。10月あたりで上がってくれないかな。底だと思って8月に買いまくったため、投資用の余剰資金なくなりました…チーン。

↓9月3日時点のポートフォリオです。うっかり月またいでしまいました。

8月の第1四半期決算発表後に株価がズコーんと下がる経験をしました。(宝ホールディングスとロート製薬)
素人に決算の良し悪しはわからないので、決算前の利益確定売りが重要だと判断しました。

まとめ

現在の含み損を差し引いても、まだ10万円くらいプラス利益となっております。配当金の方が確実な収益になります。高配当株を中心に投資するほうがアリかもしれません。売買がヘタクソ過ぎます(笑)。8月は全体的に下げ相場で、取引のモチベを失っておりました。9月もしばらく市場を傍観するだけになりそうです。