Zホールディングスの2020年本決算内容を簡単に調べてみました。2019年はZOZOの買収、LINEと経営統合の発表があり株価がグンと上昇しました。ヤフーから持株会社としてZホールディングスに商号を変更し、ヤフー事業はZホールディングスの子会社となりました。202010月1日に株式交換をしてLINEを子会社化する予定です。

→グループ企業はこちら

2020年3月期の本決算発表内容

Zホールディングス4689の株価
●2020
5月1日終値:426
配当:8.86
●配当利回り:2.0
PER(株価収益率):25.81
PBR(株価純資産倍率):2.70

↓現在のチャートの動き。2019年9月ZOZO買収発表、2019年11月LINE統合発表。コロナ禍で281円まで下落しました。絶好の買い場でした( ゚Д゚)ノーマークでした…しまった~。

売上収益、当期利益2ケタ増

連結業績です。決算期間は201941日~2020331日までです。

↓昨年比
●売上高 15294300万円 +10.3%
●営業利益 15227600万円 +8.4%増
●当期利益 8802000万円 +13.1%増
●親会社株主に帰属する当期純利益 8167500万円 +3.8%増

ZOZO
の子会社化とアスクルの売上収益増加、広告売上収益増加で売上高が1兆超となりました。ZOZOの株価が低迷したところでの買収は成功です。買付価格は2,620円です。

ブランド離れでも増益ZOZOの2020年決算内容を調べてみた

損益計算書

ネット企業のため売上総利益率が高いです。前年よりも更に高くなりました。
ZOZO
の影響と思われます。

売上総利益率(粗利率)=売上総利益÷売上高×100
今期:59.68
前期:57.16

(参考:ZOZO90.6%、ニトリ55%、トヨタ16.8%)

バランスシート

△非流動資産152509700万円>資本14782300万円
(非流動→固定、資本→純資産)

バランスシートの負債は流動と非流動の区別がありませんでした。

固定比率145%=固定資産÷自己資本×100(前年62%)
自己資本比率26%=純資産÷総資産×100(前年37%)
ROA
 2.2%(純資産利益率)=当期純利益÷資産(前年3.2%)
ROE
 8.4%(自己資本利益率)=当期純利益÷純資産(前年8.5%)

ZOZO
買収でのれんが128%、無形資産が311%増加したため、固定比率が前年より高くなっています。全体の総資産が前年より61.9%増加し自己資本比率が低下しました。

IFRS16号「リース」の適用の影響
・非流動資産…使用権資産が1063400万円増加
・有利子負債増加

キャッシュフロー

・営業キャッシュフロープラス
・投資活動キャッシュフローマイナス
・財務活動キャッシュフロープラス

営業活動のキャッシュフローの主な増減は、税引前利益と減価償却費の計上プラス。
投資活動のキャッシュフローの主な増減は有価証券の取得、子会社の支配獲得による支出でマイナス。
財務活動のキャッシュフローの主な増減は短期借入金の増加、株式発行、社債発行でプラス。(ZOZO買収資金調達のため4000億円借入)

営業CF24327800万円収入に対して財務CF50303400万円収入となっています。積極投資型のキャッシュフローです(^^)/

セグメント事業ごとの営業利益

事業別営業利益と前年比
コマース事業 807億円 +44.7%増
…ヤフオク、ヤフーショッピング、アスクル、ZOZOPayPayモール

メディア事業 1543億円 +9.5%増
…検索連動型広告、ディスプレイ広告

LINE統合後は、2023年度に過去最高益の営業利益2,250億円の見通しです。LINE株は統合発表後に爆上げしたので、買収が噂されるメルカリも保有しておくべきかもしれません( ゚Д゚)

↓LINEは統合後、非上場となります。

まとめ

コロナ禍で来期の業績予想は未定です。EC事業買収と金融事業で「アリババ」のような企業になっているイメージです。楽天一択でしたが、PayPayも面白そうなので使ってみたいと思いました。LINEと統合したらLINEペイとPayPayも一緒になるのでしょうか?海外でペイが使えたら便利です。