靴の通販で有名なロコンドの決算内容を簡単に調べてみました。昨年はテレビCM、今年は有名ユーチューバーと販売を企画し宣伝を拡大しています。動画配信後の1週間の売上金額は6億円だそうです。インフルエンサーの影響力は凄いです(@_@)この企画で株価が一時急騰しました!

2020年2月期の本決算発表内容

ロコンド3558の株価と利回りです。
●2020年4月21日終値:851円
●配当:0
●PER(株価収益率):24.1
●PBR(株価純資産倍率):3.17
●株主優待:100株以上保有で年2回2000円クーポン

↓現在のチャートの動き。前期2019年の赤字発表から下落傾向。

売上高は過去最高、営業利益は2期連続赤字

決算期間は2019年3月1日~2020年2月29日までです。
表記がわかりずらいかもしれませんが営業利益、経常利益、親純利益は前期より赤字が減りました。

↓昨年比
●売上高 85億7600万円 +27.8%増
●営業利益 △8300万円(前期△9億8000万円から+91.5%増)
●経常利益 △7700万円(前期△8億6200万円から+91%増)
●親会社株主に帰属する当期純利益 △2億5600万円(前期△から+45%増)

売上高は過去最高となりました。

損益計算書

売上が昨年比127%に対して販管費が昨年比105%に抑えられているので、営業利益の赤字額が昨年より大幅に減っています。

昨年はCM費用を大きくかけた投資期間だったようです。直近の第三半期、第四半期単体では黒字に回復しています。

2019年3月株式取得で子会社化した株式会社モバコレの取得時に発生したのれんの使用価値をゼロと評価し、特損の減損損失に3億4000円が計上されています。のれん計上がなければ当期純損益は1億1200万円の黒字でした。
(決算説明資料より)

バランスシート

◎流動資産38億1216万円>流動負債18億3147万円
◎固定資産11億2185万円<純資産30億8677万円

流動比率275%=流動資産÷流動負債×100
自己資本比率62%=純資産÷総資産×100

現金及び預金が前年より-35%減少。商品(在庫)が1.28倍増加しています。取扱いブランド数が昨年より280増加して現在2473となりました。

固定資産を純資産でまかなっており健全なバランスシートです(^^)/

キャッシュフロー

・営業キャッシュフロー→プラス
・投資活動キャッシュフロー→マイナス
・財務活動キャッシュフロー→マイナス

◎営業活動のキャッシュフローの主な増減は、税引前利益のマイナスをのれん減損損失、売上債権の減少がカバーしてプラス。
◎投資活動のキャッシュフローの主な増減は子会社株式の取得でマイナス。
◎財務活動のキャッシュフローは借入金の減少、自己株式の取得でマイナス。

優良企業型のキャッシュフローです。

まとめ

来期の業績予想はコロナ禍で見通しは未定です。
巣ごもりでネットやSNSを見る時間が多くなっているので、企業にとっては有名インフルエンサーとタイアップして販促するチャンスなのかもしれません(^^)/