コロナウイルス感染拡大影響の連日下落でついに投資金が元本割れしてしまいました~( ;∀;)現在のポートフォリオをやり直すなら減配リスクのない高配当株だけでガチガチにしようと反省しています<m(__)m>

好調な米国株が連日下落し、円高に戻りつつある今が米国高配当株の絶好の買い場と捉えた場合、狙いたい株を妄想でピックアップしてみました~。

コロナウイルス感染をきっかけに、米中貿易戦争がしばらく休止状態になるとすれば終息後のリバウンド後、米国株が伸び続けるのではないかと考えています。

米国高配当銘柄

Amazonやアドビなど超有名企業は配当がありません。配当よりも設備投資に回し株価自体を上げるタイプです。アップル、マイクロソフトも配当がありますが高配当ではありません。

アメリカの投資サイトをチラチラと拝見し、内需にも強そうな高配当株9銘柄をピックアップしました。チラチラです…。

↓配当利回りが高い順(2020年2月25日)
1.Energy Transfer LP (NYSE-ET)
2.AT&T (NYSE-T)
3.AbbVie (NYSE-ABBV)
4.ONEOK(NYSE-OKE)
5.Medifast(NYSE-MED)
6.Verizon Communications Inc. (NYSE-VZ)
7.Duke Energy Corp. (NYSE-DUK) 
8.Healthpeak Properties (NYSE-PEAK)
9.Brookfield Renewable Partners (NYSE-BEP)

あくまでも個人的にピックアップしたものです。高配当で優良銘柄は他に多数あります。

通信企業やエネルギー企業が多い

高配当銘柄には、通信企業やエネルギー企業が多いです。現在の株価と配当利回り、企業の概要についてまとめました。1ドル≒110円で計算しています。


●Energy Transfer LP(NYSE-ET)
株価:11.2(1200円)
配当:10.56%
エナジートランスファーは、天然ガスパイプラインMLP企業です。
※MLP(マスター・リミテッド・パートナーシップ)は、米国で行われている共同投資事業形態の1つです。総所得の90%以上をエネルギー・天然資源関連・不動産などの特定の事業から得ていることがMLPの要件です。MLPでは現在の事業の運営に必要のない全ての収益については分配しなければならないと定められているため、高い配当収益が期待されます。


●AT&T (NYSE-T)
株価:37.35(4100円)
配当:5.57%
インターネットサービス、ケーブル、衛生テレビサービス企業です。25年連続で配当を上げている企業として人気があります。


●AbbVie (NYSE-ABBV)
株価:89.18 (9800円)
配当:5.07%
アッヴィはメガ製薬会社です。世界で最も売れている医薬品であるHumira(関節リウマチ治療薬)を製造しています。46年間年間配当金を上げている企業として人気があります。


●ONEOK(NYSE-OKE)
株価:73.61(8000円)
配当:4.98%
ワンオークは米国の天然ガスおよび天然ガス液ビジネス企業です。天然ガスは火力発電において石炭に代わるエネルギーとされています。


●Medifast(NYSE-MED)
株価:96.06(10500円)
配当:4.71%
体重を管理する商品や、健康商品の生産や販売を行う企業です。メディファストは収益の半分を配当金に回し、半分は事業投資に回しています。
25日の相場では、株価が上昇している唯一の銘柄でした。


●Verizon Communications Inc. (NYSE-VZ)
株価:57.12(6200円)
配当:4.24%
5Gを最初に導入した通信会社です。トレンド高配当株として人気があります。


●Duke Energy Corp. (NYSE-DUK) 
株価:87.89(9600円)
配当:4.19%
デュークエナジーは米国最大の電力会社です。安定した内需株として大変人気があります。公共事業のため倒産リスクがありません。下落した時は絶好の投資チャンスともいえそうです。


●Healthpeak Properties (NYSE-PEAK)
株価:35.66(3900円)
配当:4.15%
ヘルスピーク・プロパティーズは不動産投資信託会社(REIT)です。シニア住宅、ライフサイエンス、診療所、病院、高度看護施設などのヘルスケア関連不動産に特化して投資しています。
※REITは配当金を支払うことで法人税が免税となるため配当が高い。


●Brookfield Renewable Partners (NYSE-BEP)
株価:52.01(5700円)
配当:3.99%
ブルックフィールド・リニューアブル・パートナーズ(MLP)は、北米、ブラジル、コロンビア及び欧州における再生可能エネルギー発電設備を所有しています。エネルギー会社と公益事業会社のハイブリッドで、水力、風力、太陽光、その他の再生可能エネルギー源で発電した電力を販売しています。
※MLP企業のため、REITと同様、配当金を支払うことで法人税が免税となる。

まとめ

米国の高配当株なら、ほったらかしで資産が増えそうです。利益は株主に還元し、利回りを保持しているところが好感度大です!太っ腹!
値ごろな下落相場がまさに買い時かもしれません。

個人的には、安定のデュークエナジーを狙ってみたいです(@_@)

下落相場で仕込みたい米国テック株7選

米国の医療関連株ベスト10【2020年版】