新型コロナウイルスの影響で、とうとう世界経済にも暗雲が立ち込めてきました。覚悟はしております。春節明けの中国株式市場が暴落、連れ安で日経平均株価も更に下落…(;´Д`)

含み損は拡大し、とうとう元本割れですか…。
2019年8月の夏枯れ相場でも、一度暴落を体験し、反省したにも関わらずトシのせいなのかスッカリ忘れております。株価が上昇したら軌道に乗って上がっていくという変な自信と錯覚を起こしておりました。悔しいです(;´Д`)

株価が暴落した時にメンタルが崩れてしまい、生活や仕事に身が入らず気が落ち込み「負のスパイラル」となります。

どのようにメンタルを整えたらよいか?ド素人の逃避方法をメモしておきます。参考にならないかもしれません…( ;∀;)

リーマンショック後の上昇チャートを眺める

2008年9月にリーマン・ブラザーズ証券が破綻しリーマンショックが起きました。100年に1度の暴落でしたが、その後2020年現在まで株価はうなぎ上りで上昇しております。

暴落以前の株価に復帰するのにだいたい5年くらいかかっています( ゚Д゚)
上昇チャートを眺めて気長に待つしかないです( ゚Д゚)

↓日経平均株価、2009年が底値

↓NYダウ平均株価、戻りが早い!

配当金の計算をする

頼れるのは配当金だけです。年間の配当金が60,000円くらいなら、10年で60万円です。ある程度、損は取り返せるかな…などと気休めの計算をします。

配当金が減額になるかもしれませんが…( ;∀;)
そんな時に減配していない銘柄を保有しておく必要があります!

普段から高配当な健全企業に絞って投資をしておけば、リスク回避となります。もう遅い!

底値になるのを楽しみにする

暴落を無理やり楽しみ変えます。底値になったら絶対に買う株を決めておきます。それまで下落し続ける相場を楽しみ続けるという…。

いや、これは向いてないかも( ゚Д゚)下落し続ける相場ならメンタルがズタズタです。

底値になったら欲しいのはNTTドコモです。高配当、減配なし、自己資本比率高い、5Gトレンドに乗っている。2,500円まで下がったら買いです!そこまで下がらないか…。

まとめ

2020年はイラン攻撃、新型コロナウイルスの次に、東京オリンピック、アメリカ大統領選とまだまだ盛りだくさんのテーマが待ち受けています。テーマに影響した株価下落にメンタルが病まないように反省点と戦略を記録していきたいです((+_+))