全世界でコロナウイルスの感染が拡大し、世界中の市場が大幅下落しております。
前日のダウ平均株価を見ては、また下がった~( ゚Д゚)
為替もまた円高になってる( ゚Д゚)
と気にして眠れなくなったり、気分が落ち込んでパニックになってしまうことがあります。

世界で投資に参加している方のほとんどが、不安な気持ちになっているようです。米国サイトで「株式市場が暴落しても落ち着くための7つヒント」が紹介されていました。不安を煽る記事が多い中、気休めになりました…(;´Д`)

2月28日のUSニュースをまとめました。長期投資家向けの記事になります。
→参照記事はこちら

暴落時に落ち着くための7つの方法

株式市場に参戦している限り暴落は避けられません。最悪なのは暴落時にパニックに陥り、感情的な判断でロスカットしてしまうことです( ゚Д゚)

このような暴落相場でも、前向きに捉えようとする考え方(マインドセット)を備えておきましょう。ポートフォリオを投げ出そうとする感情に抵抗することができます。

1.次の不況に備える
2.長期的な傾向に目を向ける
3.回復してきた市場を思い起こす
4.暴落はバーゲンセールと捉える
5.損失を回収する
6.計画を簡単に放棄しない
7.恐怖に巻き込まれない

次の不況に備える

今できることは、次の不況に備えることです。株式市場には暴落があることを念頭に置くようにします。実際に暴落時になった場合に、パニックにならないように備えておきます。

不況時でもポートフォリオを保護するのに役立つバケット戦略などのメカニズムを使用して備えます。戦略しておくことで、現金が必要になった際にも対応できます。

→バゲット戦略とは?3つのバケツに分散する戦略。
・短期(2年)…現金、短期債
・中期(5~10年)…債券、超優良株、配当株
・長期(10年以上)…成長株、高リスク高リターン株

長期的な傾向に目を向ける

長期的な傾向で捉えるようにしましょう。投資家は短期的なことに集中し、長期的な傾向には注意を払っていないことがあります。確かに短期的にボラティリティ(変動の激しさ)を見ると怖いです。

ただし長期的な傾向を見て、2年~10年の間に全体的にトレンドが上昇していることに目を向ければ落ち着くことができます。

↓ダウ平均株価、今となっては最近が異常に高い(*_*;
2009年のリーマンショックから急騰。いくらなんでもリーマンまでは下がらない気がする…。

回復してきた市場を思い起こす

回復してきた市場を思い出してください。 長期的な傾向を見ると、下落から回復が取引の一部であることがわかります。

ポートフォリオの価値が急落しても、市場が回復してきたことを思い起こしてください。底で売ってしまい、損失を抱えたくはありません。

回復がおそらく近づいていることをイメージします。踏ん張ることができれば、まだ利益を享受する機会があります。

↓日経平均株価、18,000円位は覚悟したほうが良さそう?

暴落はバーゲンセールと捉える

個人投資家の桐谷さんが「暴落はチャンス」と言って、日本株マーケティングセールスを行っているように、暴落はバーゲンセールであると捉えます。

日常で行う買物と同じような考えを株に当てはめてみます。インデックスファンドであろうと、個別のバリュー株であろうと、一斉により低い価格でより多くの株式を購入する機会となります。市場が回復するにつれて、大きな利益が得られるでしょう。

損失を回収する

損失の一部を回収します。売却損と、利益確定した株式の売却益とで損益通算します。これにより売却益にかかる税金(所得税と住民税)を軽減することができます。

損失を完全に失くすわけではありませんが、損失によるショックを和らげることができます。少しの戦略ですが、減税に役立ちます。

計画を簡単に放棄しない

暴落時にジタバタしてしまう場合は、一歩下がって冷静に計画を思い出してください。投資計画を作成することは、市場が荒れていても軌道修正できる最良の方法の1つです。

計画を簡単に放棄しないでください。リスク許容度を考慮した資産配分戦略がある計画なら、しっかりした計画であると言えます。今が計画を損なう決定を下す時ではありません。

恐怖に巻き込まれない

恐怖はあなたの判断を曇らせます。最悪なのは、その瞬間の恐怖に基づいて迅速な決定を下すことです( ゚Д゚)

暴落時でも、気持ちを落ち着かせるためには自己認識が必要です。どういう時に、自分はどういう感情になるのか認識する練習をしてください。マスターするには時間とエネルギーが必要ですが価値があります。

たとえ良い時期であっても自分の感情を認識し、その背後にある理由を特定します。感情に促された意思決定を避けることが重要です。(浮かれるのもダメ)

どんな状況でも感情的になった場合は、悪い決断につながる可能性があります。
(ドキーッ(@_@))

まとめ

原文サイトのポンコツ意訳ですが、8割くらいは合ってると思います(^▽^;)
もしかしたら、キチンと訳したサイトがあるのかもしれません( ;∀;)

日本株ばかり買いあさっていたのがそもそもダメだ…。
現金や債券、バランスよく資産を保持していくのが大事なんですね。
株の攻略本ばかり読むのはやめようと思いました(*_*;