会社の有給休暇を利用して、平日に3泊4日でマレーシアへ旅行しました。

マレー語、英語、中国語が公用語の多民族国家。
シンガポールに近い割に物価は日本の三分の一程度。
地震が少なく治安が良い。
親日国家。
日本人が住みたい国ナンバー1。
タレントのGACKTも移住。
日本の賃貸と同じ料金で高層の高級コンドミニアムに住める。

これらの情報から気になる!行ってみたい!住んでみたい!と思っており念願の初マレーシア旅行(偵察)へ行くことが出来ました。

しかし実際、旅をすると少々ハードルは高いぞ?これは無理かも…と思うところ反面、ゆっくりとしたマイペース国家の居心地良さに、もう日本には帰りたくないっ…。マレーシア最高だっ。と思うところありでした。

ブッキングドットコムで予約したホテルは、コンドミニアム貸し出しタイプのアパートメントでした。それは、期待を膨らませていた高層の高級コンドミニアムとはかけ離れたものでした。(笑)
2019年9月22日時点での現地情報をレポートします。

宿泊したコンドミニアム

クアラルンプール市内、デパートメントが集結するブキビッタンに近いエリアです。ベルジャヤタイムズスクエアという大型ショッピングセンターの中にあるコンドミニアムです。

1997年建設(築22年)、高さ203m、48階建てです。ショッピングセンター中の店舗数は数はなんと1,000店舗!地元ではかなり有名なショッピングセンターで、人も多かったです。ちなみにユニクロもありました。

↓長い通路を渡って部屋へ移動する

宿泊料金は、3泊で495リンギット(税抜)に下記が上乗せとなります。
・外国人宿泊客に課せられる税金1泊1部屋10リンギット
・6%の税金
・10%のサービス料

領収書がなかったので忘れましたが、
495+30=525
525×1.06×1.1=612.15

合計で612リンギット(約15,793円)だった気がします。
1泊だいたい5,300円くらいです。
チップも20リンギット渡しました。

テポジット200リンギット(チェックアウト時に返金)が現金で必要でした。

26階の部屋です。ソファと机が2セットづつあります。
洗面台もバスルームとトイレに2台。
キッチン付きです。
シャワールームとバスタブがあります。
広さは申し分ないです!今住んでいる日本のアパートの2倍はあります。

内装の整備が適当

内装の整備がなされてなく、とにかく適当でした。(笑)
外観と内装に差がありました…

鍵が閉まらない

オートロックなら内側からの鍵は不要でしたっけ?
鍵をひねって施錠しようとしても、

戻ってくる…(笑)諦めた。

窓が汚れている

外が曇っているのではありません。窓が曇っています(笑)。市内の空気で汚れやすいのかもしれません。内装ではなく外装の問題かな。

謎の扉

15時くらいに部屋で休んでいたら、急にソファの後ろの扉が開きました。
(ランプシェードは、ボロボロです…)

よく見たら、ドアノブが取れて、ティッシュが詰まっている。
まさかの覗き穴か??
結局、扉の向こうを見ることなく閉めて過ごしたのですが、今思えばこじ開けて見てみれば良かった!!!

ブログネタになったのに残念!

備え付けの家具家電が古い

マレーシアのコンドミニアムは家具家電が備え付けなので、手ぶらで引っ越しできる。超便利。コストがかからない。と言われてます。
家具はなんとか我慢できますが、家電は古いとテンション下がります…。

日本のオシャレで高機能な家電に囲まれた生活をマレーシアで再現するなら現地で買い揃える必要がありそうです。

汚れたカーテン

カーテンはシミだらけでぼろぼろ、ソファーは座り心地は悪くないですが古いです。
景色が良いだけに、他が際立ちました。

足がはみ出すベッド

身長172㎝の私は、くるぶしから下の足がはみ出てしまいました。(笑)
ベッドの上の方に頭をやれば、なんとか収まりました…

おばあちゃん家のタンスのニオイ

家具は、古いですが重厚感があって悪くないのですがタンスの中はニオイが気になりました。ハンガー多すぎ!

家電

家電もどことなく、古さを感じました。しかし、機能しないということはなく冷蔵庫もちゃんと冷えていました。

汚れた古いシャープの電子レンジ
私は裸眼で0.3ほどの視力しかないので、汚さに敏感にならずに済みました。

ケトルはあまり使われていないのか、綺麗でした。
メーカーはDIY?

テレビの下に昔流行ったCDコンポ!
テレビは2チャンネルしか映りません。マレー語のNHKみたいな番組では、イスラム教の「お経」?をお手本のように唱えていました。信仰心の厚い国ですと番組のスタンスも変わってくるのでしょうか。日本や台湾のような華やかな芸能人がトークを広げる番組が見たかったのですが。

ネット速度遅い

部屋のWi-Fi回線、現地SIMのネット回線が安定していません。
コンドミニアムのWi-Fiは使いものになりませんでした。

Amazonや空港で買ったSIMもたまに途切れます。
夜より、昼間のほうがネット速度は安定しています。楽天証券のスピードマスターは問題なく起動できました。

トイレットペーパーが流せるかは微妙なところ

マレーシアでは一般的にトイレ後は、ホースを使ってお尻を水で洗う習慣があります。
駅はデパートのトイレにも必ずホースが設置されております。
そして水を使うので床がビショビショになっています。

↓写真は駅の公衆トイレ

ややこしいのですが、

・ペーパーがなくホースだけのトイレはペーパーが流せません。
・ペーパーがあっても、大きいゴミ箱が設置されているトイレではペーパーは流せません。

果たしてコンドミニアムではトイレットペーパーを流すことができるのか??

トイレには大きいゴミ箱がありましたので、ペーパーを流しませんでした。
水が溢れてトラブルを起こしたくなかったので…。
トイレスッポンが置かれていたので詰まりやすいのでしょう。

水回りが良くない

バスタブにお湯を入れてビックリ!かなり濁っています(笑)
入浴剤を入れたところで効果は感じられないでしょう。
ネットでの情報ですが、マレーシアでは配管汚れが多いそうです…

※ちなみにバスタブは塗装が剥がれている個所が複数ありました

お風呂を入れている最中に足元が濡れてビックリ!
浸水してます。

隣のベッドルームまで浸水
バスタブは排除するべきだわ…。

お風呂から出てくる汚れた水を見て急に不安になってきました。

丸2日、この水で口をゆすぎ、顔を洗い、備え付けのキッチンで食器、フルーツを洗って食べたました…。下痢を起こすことはありませんでした。

口だけはミネラルウォーターですすぐようにしました。お風呂を溜めなかったらわからなかった。お隣のシンガポールは綺麗なのでしょうか?気になります。

お風呂のお湯が出るのに時間がかかる

実はお湯の出し方がわからず、1日目と2日目はヌルい水のシャワーを浴びました。(笑) 3日目にして、湯沸かしスイッチの存在を知り、お湯を使う15分前にスイッチを入れてお湯を沸かさなければいけませんでした。

15分待っている間にベットで落ちそうに(就寝モード)なりました…
↓一番右が湯沸かしスイッチです。

熱々のお湯は出ない

蛇口をどんなにひねっても、熱々のお湯はでてきません。体感は30度くらいでしょうか?ヌルイです!アツアツのお風呂で肩をほぐしたい!という期待はできません。ケトルでお湯を100回沸かす必要があります。(笑)

シャワーを浴びてもお風呂につかっても水質は変わらないので。諦めて入浴(笑)バスタブは長いので足を伸ばせてゆっくりできます。

ベッドとバスタブの比率おかしくない?(笑)

このベルジャヤタイムズスクエアには2つの5つ星ホテルが入っているそうですが、同じ建物にこのような差があるのでしょうか?ナゾだ~!!

良いところもあります!

色々ディスるような点をあげてきましたが、安い3つ星以下のホテルならよくあることです。

「憧れの高層、高級コンドミニアム」の先入観とギャップにやられただけです。自分が過度の期待を抱き過ぎでした。

良いところもたくさんあります!

眺望が最高

眺望がとても良かったです。都会の景色はモチベがあがります。
KLタワーとペトロナスツインタワーの両方が窓から見えます。タワーに上ってみたいなと思っていたのですが、この部屋からの眺めで満足したのでタワーには上りませんでした。夜景も見れたので良しです。

立地が良い

立地はモノレール、インビ駅に直結しており便利でした。またショッピングセンターの中には飲食店、スーパー、ドラッグストア、雑貨屋、コンビニなど買い物には困りません。このホテルで買物が完結すると言っても過言ではありません。

デパートが集結するブキビッタンエリアや、屋台が有名なアロー通りに徒歩で行けます。立地の良さで全て帳消しです。(笑)

駅から離れたエリアや、市内から離れたエリアなら水回りも内装も良いコンドミニアムがあるのかもしれません。

アロー通りの屋台は、観光客でいっぱい!

夜は静か

夜は静かです。隣の部屋から話し声は、聞こえませんでした。廊下からの音も部屋が広いので、玄関ドアに近づかなければ聞こえません。内装は古いですが建物の重厚感はあるといったところでしょうか。

エアコンはよく効く

部屋に着いたとき、室温の設定温度は15度になっていました。冷蔵庫に入ったかのように寒いです。空調はよく効いています。部屋は広いですが、部屋全体にしっかり冷房が効いていました。

移住するなら物件の下調べは念入りに

宿泊したのは築22年のコンドミニアムなので、たまたま内装が古かったのかもしれません。新築のコンドミニアムなら日本と変わらない水準なのでしょうか?

日本からの移住者が多い割にはネットでの情報が少ないです。移住希望がある方は実際に現地で自分が住む水準と同じレベルのコンドミニアムに泊まってみることが大事です。思てたんと違う!!ということになります。(笑)

物件を見ても住んでみなければ特に水回りのことはわかりません。
新築のコンドミニアムなら快適な水回りかもしれませんが、築年数が経っているマレーシアのコンドミニアムは私の体験した通りではないかと思います。

移住先としての魅力

マレーシアのコンドミニアム情報については、ディスってしまう記事にはなりましたが、それ以上に観光地、マイペースな国民性、人の親切さ、ご飯の美味しさなど魅力は満載でした!

常夏なので、服装に気を使うこともなく食費はもちろん交通費も安いのでローコストで生活できることは間違いないです。

私はマレーシアのゆったりとした雰囲気が、田舎者でマイペースな自分に合っていると感じました。今回宿泊したコンドミニアムのレベル以下でもエアコンさえ効く部屋なら長期で滞在してみたいと考えています。

↓市内を走る無料の巡回バス

↓バトゥ洞窟

↓イポー市のアートな街並み

以上、ホテルレビューのような記事になりました。

現地のコンドミニアムに宿泊してマレーシア事情を垣間見ることができました。
今度行く機会があればピカピカのコンドミニアムに滞在したいです!