仕事から帰って来て、郵便ポストに株式関連の郵便物が届いているとちょっと嬉しい気分になります。配当金のお知らせ、株主優待のお知らせ、株主総会開催のお知らせなどが届きます。6月になって株主総会開催のお知らせがぞくぞく届くようになりました。

招集ご通知と、ハガキ、配当金のお知らせなどの資料が入っています。

招集ご通知を読む

ご通知には、
開催日時、開催場所
総会時に参考となる説明資料(議案)
事業報告
計算、監査報告資料(貸借対照表、損益計算書など)
が記載されています。

ド素人でも、だいたいわかるポイントを読んでみました。

株主総会に出席して総会土産をもらう

ダイヤモンドZAIの株主総会ガイドに、なとりの総会ではお土産がもらえると記載があったので行きたかったあああああ!!仕事で行けず…

コタは、当日はヘアケアレッスンなどの体験イベントがありますのでぜひお越しくださいと記載がありました。恥ずかしくて参加しずらいけど覗いてみたい…

オリックスの通知には、はっきりとお土産はありませんと記載がありました。

欠席する場合は議決権行使のハガキを送る

残念ながら、株主総会開催日は平日で、企業のホームページでも約1か月前にしか公表されないので休日に合わせずらくどれも参加できません。
だいたい東京や大阪で開催されるので地方在住者が参加するのは厳しい…

総会に参加できない場合は、ハガキもしくはネットで議決権行使をします。強制ではありませんが、議決権行使をしないと株主優待がもらえない企業もあるらしいです。(ネット情報)

決議事項を確認し、賛否に○をつける

せっかく通知をもらったのに議決権を行使しないのは失礼だと思いましたので決議事項を確認し、すべて賛に○をしてポストに投函しました。取締役や監査役選任の議決が多いのでぶっちゃけどうでも良いです。

ハガキではなく、QRコードを読み取ってスマホで行使することもできます。

事業報告を確認する

ご通知には事業報告が記載されています。企業が手掛ける様々な分野ごとの収益・損益・目標を知ることができます。ANAやオリックスの資料はカラーで写真やグラフ表示が多様されており、分かりやすい資料となっておりました。

なとりの事業報告書を読む

なとりの資料は白黒で写真もなく地味ですが、1番親近感の湧く企業なので事業報告書をじっくり読みました。

課題は、
・食品業界でのライフサイクルが短い(市場に飽きられやすい)
・ボーダレス化(多種多様な食品が展開されていく中で、おつまみ市場が存続していくこと)
であると読み取りました。

・ジャーキー製品
・チーズ鱈
・ナッツ製品
・ほし梅
が人気で増収のようです。なとりを知るきっかけはセブンイレブンで売られているほし梅だったので、ぜひともコンビニ業界とコラボして売上を伸ばして欲しいです。

損益計算書を確認しました。
売上総利益率は昨年度24.4%→25.2%と若干増加しています。
販管費は昨年度23%→23%とほぼ同水準です。
食品業界はどこも省人化をすすめているので、販管費が減れば売上利益率が伸びそうな気がします。

来年は、なとりの株主総会出席したいなあ。