新年になると、目標や新たな課題を設定し「今年こそは!」と意気込むのはせいぜい初詣で神社に手を合わせた時だけです。仕事がスタートすれば、社畜に戻り目の前の業務をこなすだけでグッタリ。自宅に帰れば、スマホでYouTubeを眺めながら床につく生活。気が付けば1カ月…半年…そしてまた1年経つ…という繰り返し。

仕事に対してもいつの間にか、やる気も興味も失っていく。会社に雇ってもらっている身分なので、文句を言える立場ではありません。嫌なら自分で独立して稼ぐしかないのです。

休日に家に閉じこもっていると、日曜日の夜に「ああ会社に行きたくない。」と気分転換することなく次のスタートが始まってしまいます。会社員を続けていくためには気分転換、すなわち現実逃避が必要不可欠です。

現実逃避について、会社の同僚からのアドバイスや自分の方法をまとめました。現在、同じような思いを抱いている方へ共感して頂ければ幸いです(#^^#)

とにかく体を動かす

体を動かすことで脳がリフレッシュされます。座り込んでじっとしていると、どんどん負の感情などが煮詰まってくるので、とにかくどこかしらの体を動かすことが大事です。

家でYouTubeを見て終わってしまう日、良くあります。しかし他人の生活と比較して益々自分の生活が嫌になる負のスパイラルになります。会社員にとって自分の人生を謳歌するのは、休日しかないのです!!

中には風俗に通うのが唯一の気分転換と語っている男性社員もいます。確かに体を動かすのかな…( ;∀;)

自分だけの世界をつくる

何か始めたいと思った時に、上手い人を見て自分はうまくできないから諦めたものはありませんか?

別にコンクールに出すわけでも、先生に見てもらうわけでも、発表会をするわけでもないのでドヘタクソなりにやってみることです!何かに没頭しているとかなり現実逃避となり、心身がリフレッシュします!(^^)!

スポーツに没頭する

体を動かすにはスポーツをすることが手っ取り早いです。ぼっちスポーツならすぐに始めることができます。ぼっちスポーツの代名詞といえば、
・マラソン
・水泳
・釣り
・ソロキャンプ
・自転車

あたりでしょうか。特に地方男子には釣りが一番人気があります。女を釣らずに魚ばかり釣っています。(失礼)

オリンピックで魚のように泳ぐ選手に憧れて30歳の時に、我流で水泳を始めました。水泳をしたのは中学生の時以来だったので、始めた当初は25mが泳げずプールの水を飲みまくっていました。( ;∀;)

隣のコースでスイスイと泳いでいる高齢者をお手本にしながら、半年くらい通った末におよそ30分継続して泳げるようになりました。未だに回転ターンはできず、超ロースピードです。プールに潜ってしまえば「無」になって泳いでいる自分がいます。水の中は本当に気持ちが良いです。

楽器を弾きまくる

ストレスが溜まった日に、思いっきりギターをかき鳴らしてみたくありませんか?カラオケ店へ楽器を持ち込んで演奏するのもありです!習いに行かなくてもYouTubeでお手本動画を流している方も多く気軽に始めやすくなりました。

電子ピアノなら、ヘッドホンをつけることでアパートでも騒音を気にせず演奏できます。曲は難しくなくてOKです。猫ふんじゃったを何回かき鳴らしても、オーディエンスは自分だけです。指を動かすだけでスッキリします。

電子ドラムやランチパッドなども楽しそうです!
楽器はうまく弾けなくて逆にストレスが溜まりそうですが、1週間30分続けただけで成果が表れます。少しでも弾けるようになれば断然楽しくなります。

【今だけ新春セール特価!さらに1月7日9時59分までポイント5倍!】MEDELI 電子ドラム DD-401J DIY KIT イス、ヘッドフォン、電子ドラムセット【メデリ デジタル ドラム DD401J 】

価格:30,500円
(2020/1/3 00:46時点)
感想(17件)

 

【今だけポイント5倍!1月7日9時59分まで】NOVATION MIDIコントローラー LaunchPad MKII【Ableton Live Lite付属】【ノベーション グリッドコントローラー ランチパッド】

価格:15,180円
(2020/1/3 00:48時点)
感想(0件)

歌いまくる

高いキーが出なくて人前で歌えない方も、一人の空間さえ作ってしまえばジャイアンになった気分で歌うことができます。

King Gnu、Official髭男dismなどキーが高くても裏声で大丈夫!信号のない田舎道や高速道路をドライブしながら絶叫すればストレス解消!最近の歌は息継ぎがしにくいですね…((+_+))

一般道でドライブ中に、安室奈美恵を歌っていたところをすれ違った先輩に見られており「すごりノリノリで歌っていたね」と言われました( ;∀;)

自宅以外の場所で本や漫画を読む

読書が嫌いとか、苦手だと思っている人は興味のない歴史本とか経済本を強制的に学校に読まされた「トラウマ」から発生しているのではないでしょうか。他人が薦める興味のない流行り本を読む必要はありません。話題についていけなくて結構です。

友達がこれ面白いよと言って薦められた本の「90%」くらいが、自分には全く興味がないことが多いです。(笑)ラベルを見て自分が「読みたい」と思った本だけ手に取って読みます。年を取ってから他人と会話するより本を読んでいる時間が楽しいと思えるようになりました…コミュ障というやつですかね。

自宅以外の場所で、本や漫画を読むことで気分転換になります。本を読んだ後に、「あれっ?私何で悩んでいたんだっけ?」となったり「さっさと仕事の課題を終わらせて新しいこと始めよう」という前向きな気持ちが生まれます。

プチ旅行

月に1回くらい、隣町に泊りがけで旅行するのもかなり気分転換になります。飲食店の多い立地にある安いホテルに宿泊し、飲み歩きや食べ歩きが楽しいです。ジャズバーに行くのも良いです。たまたま飲みの席で知り合う人も多いようです。

田舎地方ならではですが、スーパー銭湯内の仮眠室で1晩過ごしたりします。隣町ですと知らない人ばかりなので気がねなくぼっちを楽しめます。

まとめ

仕事がつらいと感じたら、休日に気分転換をはかることが必要です。休日が不定期な会社員ですと、家族や友人との休みも合わせずらくなりぼっちで過ごすことも多くなります。気の合う同僚もいるのですが、一緒にいるとどうしても会社のグチばかりになってしまいます。もう仕事の話なんて聞きたくありません。

この記事を書いているうちに外出したくなってきました。今度の休日は車の中で熱唱しながら隣町へ行き、道の駅でランチして帰ろう!

以上、田舎地方在住ぼっち会社員の現実逃避の過ごし方でした~。