楽天が2020年3月18日から「冷凍冷蔵品などを除き3,980円(税込)以上の注文について送料を無料とする」計画を導入予定となりました。
商品の送料は出店者負担で無料化することが独占禁止法違反に当たるのではないかとして、一部の出店者が公正取引委員会に調査要請の署名を提出しました。

楽天側の「送料は出店者負担」という一方的な計画が嫌気され株価が大幅に下落しました。現在、楽天を400株保有しているので含み損がまた拡大しました( ;∀;)中国のコロナウイルス感染拡大懸念による下落とダブルパンチです( ;∀;)

楽天市場をよく利用する消費者として送料無料は必要なのか、思うところをまとめてみました((+_+))

店舗選択で注目するところ

楽天市場で買物するときに、同じ商品なら、より安い金額で売られている店舗もしくは送料無料の店舗を探します。金額は1番気になるところです。

↓選択順位です。やはり送料無料は大きいです(^▽^;)

1.送料無料の店舗
2.ポイント還元が多い店舗
3.口コミの良い店舗
4.正規品で安心できる店舗
5.贈答用ならプレゼント包装してくれる店舗
6.商品をあらゆる角度で撮影している店舗
7.サイズ感など詳しく記載している店舗
8.低評価口コミに返信がある店舗
9.まとめ買いで割引になる店舗

送料無料で宣伝効果

送料体系がわかりずらいという不満を解消するため、楽天は「3,980円以上なら送料無料」体系を打ち出したようです。主な、ショッピングサイトの送料を調べてみました。

↓楽天と同じ多店舗出店のサイト
・Amazon税抜2,000円以上で送料無料
・Amazonプライム会員月間500円または年間4,900円で送料無料
・ヤフーショッピング(店舗により異なる)
・Qoo10(店舗により異なる)

↓ファッションに特化したサイト
・ZOZOTOWNは送料210円
・マルイウェブチャンネルは送料210円(エポスカード利用で無料)
・マガシークは送料330円(マガシークカード利用で無料)
・ユニクロ通販は税抜5,000円以上購入で無料
・靴の通販レコンドは税込8,000円以上購入で送料全額ポイント還元

↓その他サイト
・モノタロウ税抜3,500円以上で送料無料
・ロハコ税込3,300円以上で送料無料

大型物流倉庫を基点としたファッションサイトなどは、○○円以上購入で送料無料、自社クレジット払いで送料無料など料金体系がわかりやすくなっています。

多店舗出店サイトでは料金体系を一律にすることは難しいですが、同じECサイトとして比較されてしまいがちになります。調べてみると物流倉庫を基点としたECサイトが多くライバル店が多いので、楽天側が焦りを感じていたのでしょうか。

同じく店舗により送料が異なるヤフーショッピングと差をつけて、送料無料の宣伝効果で売上を狙っていたのかもしれません。

まとめ

最近、メルカリで新品のウインドブレーカーを1,200円で売りました。値下げすると売れますとメルカリから通知を受け、値下げしたところすぐに売れました。

しかし、メルカリへの売上手数料10%(120円)、送料が800円、差し引かれ自分の手元に入ったのは、たったの280円でした( ;∀;)

280円なら売らなきゃ良かったのかなと正直思いました。包装してコンビニまで出向く手間のほうが惜しいくらいです((+_+))

楽天市場の販売店もなかなか売れないので、ギリギリの販売価格を提示している上に送料を無料にされたら売上なんてほとんどない!という気持ちがわかります((+_+))

ECサイトの競争が激化しているため、競争力の弱い販売店舗がまるで地方の商店街が潰れていくような感覚で無くなっていくような気がします…( ゚Д゚)
残念ながら販売店は商品代に上乗せして、送料を無料化するしかないと考えます…( ;∀;)