2020年3月16日、NYダウ平均株価が過去最大の前日比-2997.10ドル下落しました( ゚Д゚)S&P500種株価指数が7%以上下落し、今年3度目のサーキットブレーカーが発動、15分間の取引停止となりました((+_+))

歴史的な暴落で米国株はどれくらい安くなったのか、配当利回りはどれくらいになったのか、まとめてみました。高配当株を狙うなら今がチャンス!

↓9日、12日、16日サーキットブレーカー発動( ゚Д゚)

↓2020年3月16日ダウ平均株価終値、20188.52ドル

米国株下落率ランキング

ダウ平均株価が過去最高値29551.42ドルとなった2020年2月12日からの下落率です。日本円は1ドル=107円で計算しています。

アップル、Amazon、マイクロソフト、フェイスブックのビック4は下がっても株価が高いです( ゚Д゚)

ボーイングの下落がぶっちぎりです!( ゚Д゚)半値以下…
原油価格の下落によりエクソンモービルやシェブロンも大幅に下落しています。金融株もほとんど売られています。上位は老舗が多いイメージです。

バーゲン好きにはたまらない割引率(下落率)です。


↓1~30 ※現在値は3月16日の終値、業種は少し適当です。

↓31~60

米国のスーパーでパニック買いが殺到しているニュースを見ます。日用品はむしろコロナショックで売上が倍増するのではないでしょうか。下落率も低く、高配当な3М、キンバリークラークが魅力的です。

コカ・コーラとペプシコも飲食品はライフラインなので下落しにくい銘柄といえます。

米国株配当利回りランキング

配当利回り順に並べ替えました。昨日の暴落で利回りが高くなりました。円高株安で挑戦してみたい銘柄が沢山あります。

たばこ産業、石油産業の利回りが高いです。どちらも将来的な伸長に不安はありますがほったらかし投資には魅力的な利回りです(@_@)
JT日本たばこ産業のライバル多いんだなあ~

↓1~30

↓31~60

グーグルとAmazonは他に比べると株価の高さが際立ちます( ゚Д゚)アリババが株価で追いつく日が来るのでしょうか…。

スタバは世界中に出店しているため閉店ニュースをよく聞きますが、近所のスタバは、いつも人が一杯で溢れています。テイクアウトも出来るので割とすぐに復活するのではないでしょうか…他人事(*´з`)

まとめ

日本株も優待と合わせれば配当も高いですが、米国株の方が減配リスクが少ないのが魅力的です( ゚Д゚)コロナショックをきっかけに、たった6株買ってみました…(笑)

サーキットブレーカーが発動したらチマチマ買い足すつもりです(*´з`)