コロナ相場で株価の下落率が極めて高い、航空会社株のリスクを思い知ることになりました。入出国規制、都市封鎖で飛行機がほとんど飛ばない事態になり、世界中の航空会社の株価が暴落しています。まさかこのような高リスクがあるとは思いもよりませんでした( ゚Д゚)

日経平均株価は政府の買い支えで17000円台を割る、割らないくらいのところで留まっていますが、航空会社株は容赦なくリーマンショックと同じくらいの水準まで下落に向かっています。このチャートの動きが凄まじいのでブログにメモしておきました(@_@)

↓2020年4月3日の日経平均

航空会社の株価動き

アメリカ航空会社4社、中国航空会社2社、日本航空会社2社のチャートを並べてみました。2020年4月3日時点です。

2001年に発生したアメリカ同時多発テロ(ハイジャックテロ)で、デルタ航空、ユナイテッド航空は経営破綻しています( ゚Д゚)

アメリカン航空はテロによる破綻は持ちこたえたものの、2011年に燃料費上昇の高コストで経営破綻しています( ゚Д゚)

破綻したあとの爆伸びもスゴイ。まさに高リスク高リターン銘柄。

JALは2008年のリーマンショックを引き金に、脆弱な経営体質で持ちこたえれず経営破綻しました。

中国南方航空、中国東方航空のリーマンショックの下げが強烈過ぎる!2008年の北京オリンピックで爆上げ後の暴落でしょうか…( ゚Д゚)
東京オリンピックは開催前に暴落してしまった…( ゚Д゚)

ANAは2012年に大型増資で新株を発行したため発行株が3割弱希薄化しました。リーマンショック以上に下落しています。時価総額4000億円に対して最大2110億円の増資したそうです( ゚Д゚)

まとめ

航空会社のリスクには、パンデミック相場以外に、ハイジャックテロ、紛争、燃料価格上昇、競合など様々な要因があります。過去の例を見ると、今回のコロナ感染が長引くと経営破綻はあり得る気がします( ゚Д゚)

よく調べてから投資すべきを、身をもって体験しています<m(__)m>ANA株が紙切れになったらしばらく立ち直れないかも( ;∀;)